子猫のいた夏~フォー~  後編
2014年10月31日 (金) | 編集 |
フォーとみ~とらえるとの生活が始まった。み~もらえるも始めは警戒してフー!シャー!言っていたが、これは次第に落ち着いていった。やはり猫には猫の社会がある。人間がどうこうできるものではないので、彼らに任せるしかない。お互い、距離が短くなり、一緒に遊ぶようにもなった。猫にしては、お互い順応性が高いと思う。非常に助かった面が多い。我が家は2階建てなのだが、フォーは普段2階で過ごしてもらっていた。人間の居場所が2階が多かったからなのだが、猫のトイレは1階にあった。まだ階段を下りられないフォーには、専用のトイレが必要になった。専用のトイレがあるのは、体調管理には都合が良いこともあって、ダンボールを利用して作ってみた。子猫の成長は早いもので、最初に作ったトイレはあっという間に小さくなってしまった。すぐに2つ目のトイレを作ったのだが、これが、ぎりぎり、み~が入れる大きさだったのだ。
み~が、下のトイレに行くのが面倒だったのか、単なる縄張り意識からだったのかは定かではないが、み~はこともあろうに、フォーのトイレを使い始めた。しかし、み~にはぎりぎりの大きさなので、トイレからはみ出てしまうことが度々あった。らえるは使わなかったけどね。。。。もちろん、み~には下のトイレを使うよう伝えるが、そんなものはわかるはずも無く、この状態がしばらく続いていた。
子猫の成長は早いもので、フォーが階段を下りられるようになったのを機に、トイレを下のみにした。ただ、1つだけではやはり3匹の猫には足らないとおもったので、1つ増やすこととなった。幸い、実家の猫が使うつもりだったトイレをもらっていたのだ。新しいトイレにも、皆、拒否も無く使っていた。猫のトイレ事情というものは、見ているとなかなか面白い。

1階に行かれるようになって1つ困ったことが起き始めた。フォーは何でも口にする、という趣味があったのだ。ゴミ箱漁りは毎日のよう。これはフタを閉めることで対策をとったが、次第にゴミや輪ゴムなんてものまで口にしていた。便から輪ゴムが出てきたこと数回。。。。全くこれにはホトホト参った。

フォーは賢い子だ。何でもすぐに覚えた。でも、このゴミ漁りだけはやめなかった。もちろん、ご飯もしっかり過ぎるほど食べていた。み~とらえるの分まで食べていたのだから。飢えからの行動ではないし、おそらく好奇心からこんな行動をとったのだろう。人間のご飯にも興味を持っていたし、これが無ければ、とても良い子だったのだ。

動物病院には、定期的に連れて行き、ワクチンも2回打ち終わった頃、果たして譲渡できるのか?という思いが出てきた。ゴミ漁りは収まらず、とにかく声が大きい。我が家のどの猫よりも大きな声で鳴く。ま、ずっと鳴いているわけではないから、これは良いんだが。。。。。ご飯の時に鳴くのだが、それが「にゃー」ではなく「みやおー」とはっきりと鳴くので、別名「みやお」と名づけたほどだった。時折、おやつをあげるのだが、皿に入れている途中で食べ始めてしまうので、これまた苦労した。

IMG_20141020_090637.jpg何でも食べますよ~


こんな大食らいのごみ漁りが趣味の猫なんて、貰い手がつくのか?しかも、み~とらえるとかなり仲良くなっているのだ。このまま飼うか、譲渡か、悩む日々が続いた。。。。。




結局、11月いっぱい、募集をかけて問い合わせがなかったら、我が家で飼うことにしよう、そう決めた。きっかけは、相方が、フォーが譲渡されればまた1つ救える命があるかも知れない、と言ったことだった。募集内容には、現状をそのまま書いた。そのまま書けば、譲渡は難しくなるだろうと思ったが、やはり現状を知ってもらうことが大切なのだから。そして、それで問い合わせがこなくてもいいな、と思ったのも事実だった。

その後、なんと問い合わせが来て、今では、まるで王子様のように大切に育ててもらっている。こんな、問題児なのに、と思ったが、里親さんはすべてを受け入れてくださった。本当に感謝の言葉しかない。そして、フォーが譲渡されたことで、また1つ命が繋がったのである。
IMG_20141027_210319.jpg




~後日談~
フォーを里親さん宅に届けた日、み~もらえるも普段と全く変わりがなかった。フォーを探す気配も感じさせず、ゆったりと生活していたので、なんだか拍子抜けしてしまった。もっと、落ち着かなくなると思っていたのだ。飼い主の方がフォーがいなくなった寂しさを感じでいた。
でも、数日後から、み~が落ち着かなくなった。どうやら、フォーがいなくなったことにやっと気付いたようだった。というか、遊び相手がいなくてつまらなかったのかもしれないが。。。。。
しばらくの間、落ち着かなかったが、それでも、次第にフォーが来る前の生活に戻っていった。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 親バカへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
覚書なのにコメント書いてごめんなさいね。

フォー君の話、読ませていただきました。
猫っだといっても、それぞれ違う個性を持っていますから・・・
里親様はフォー君そのものを見てくださる方なのかな~と思いました。
王子様になったフォー君、今はどんな暴れ方をしているのかな^^

・・・・あれ?次の子がいる??!
2014/11/01(Sat) 12:54 | URL  | fm_nekoneko #mL7GCgAo[ 編集]
>fm_nekoneko さん
いえいえ。猫にも個性があると分かっていても、今回のフォーさんはなかなか、大変でした。
里親さん、本当にとても良い方ですよ~(#^.^#)
ともすると、フォーのような子は、余裕がないと見られない子になることもあると思います。
すべてを受け入れてくださっている里親さんには、感謝です(#^.^#)

次の子。。。。続きは次回で(^_-)-☆

2014/11/02(Sun) 14:18 | URL  | たま #-[ 編集]
フォー
フォー(don gato )は、本当に大事にされてたことがわかります、譲ってくださってありがとうござい!!!すごく甘えん坊な猫ちゃん、今は、王様状態です!^_^遊び大好き、なでなで大好き‼️おてんば王様‼️
前は、私と寝てたのですが今は子供のうえでねるのが大好き‼️お腹すくとやはりにゃお!です。ごはんだすとすたこらとお皿に行きます‼️お皿は、変わっていません。
あげ終わるのまたずに食べてしまい、一時間後またちょうだいとおねだり、おやつあげてます。
それでもよく遊ぶのでふとらないですね。
この前またたび友達が持ってきてかけたらおかしくなり、行動いつも以上に落ち着かず、かわいそうになっなぐらい、もうまたたびあげたくないぐらい。
このまえ風邪で寝込んだ私のそばからはなれなくて本当にかわいいなと思いました。
今じゃ私のペースに合わせて車でお出かけ大好き‼️いろいろある子ですが、我が家の大切な一員です。
本当にわたしにdon gato ちゃんを譲ってくれまして感謝しています。
2014/11/27(Thu) 10:19 | URL  |  #-[ 編集]
>フォー(DON GATO)の里親様
DON GATOちゃん。やんちゃで、ご飯ばっかり欲しがって、声も大きいし。。。。でも本当に可愛い子でした。なので、今、とても大切に、大切にしてもらっていることに感謝しています。

本当、遊ぶの大好きですからね~~~、いつも動いていて、お腹もすくんでしょうね。育ち盛りだし(~_~;)
太らなければ、それがDON GATOちゃんの必要な量なのでしょうから、食べても大丈夫だと思います。
まだ、あのお皿なんですね。小さくないのかな?(~_~;)

またたびは、我が家でも何回かあげたことがあります。ただ、子猫なので、量が多すぎたのかも。ほんのちょっと舐めさせる程度なら大丈夫ですよ。(粉の場合)
またたびは、猫のリラックス効果もあると言われているので、DON GATOちゃんに合わせた量を探してみるのも良いかも知れないですね(*^_^*)
2014/11/27(Thu) 17:19 | URL  | たま #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック