こんな本見つけました!
2015年11月26日 (木) | 編集 |
我が家には猫がいます。
実家には猫も犬もいました。鳥も飼ったことがあります。モルモットも亀も。。。。

さて、皆さんは動物を飼ったことがありますか?初めて動物を飼うときにまず、飼い方。。。。を調べると思います。
今はネットもあるし、本もあるし、知らない他者から教えてもらうこともあると思います。

家では、結構大事って思うことは本などの紙媒体で保管することが多いです。ネットも利用しますが、いつでも見られるように。。。

という前置きは置いといて、最近猫の飼い方本で良い本を見つけました!!!
IMG_20151124_200841.jpg

長生きするには、それなりの飼い主としての知識や心構えも必要なのです。で、この本、まず何がびっくりしたのかと言うと、猫を飼うにはお金が必要ですよ~と言うことが書いてあるんです。もちろん必要ですよ。日々のご飯代、トイレの砂代、その他病院代などなど。。。でも今までの飼い方本にこうした費用について書いてあるものは見たことがなかったのです。

他にも、避妊去勢手術の必要性や室内飼いの必要性などなど。昔と現在の飼い方の変化も分かりやすく書かれています。猫の性質や動物科学的な分野から見ているので納得しやすいのがいいのかな?と思います。始めは、これどうなの????と思いながら読んでいましたが、読み進むにつれ、前項とつながりがあり、こうゆうことなのかな?と思えるところが多いのも特徴だと思います。
中でも、今まで我が家のみ~と出会い、保護猫という言葉を知り、らえると出会い、猫との付き合い方を考えるときにぶつかる問題として、完全室内飼いという問題。実家の猫は、完全室内飼いと外猫という状態を経験し、自分的には室内飼いをお勧めしていましたが、この本で納得できたことがありました。
それは、猫が外を見るのは、縄張りを確認しているだけ。。。と言うこと。もともと、好奇心の強い猫でない限り、見ている世界が縄張りであり、窓の外も縄張りになるため、見張っているだけということ。それが、もし、外にでてそこに縄張りを作ったらやはり出て行こうとするのですが、そうでなければ、見ているだけで大丈夫という話でした。もちろん、他の要因もあってこうゆう結果になるんですけどね。
でも、自分なりに納得できたことでした。日々の生活だけでなく、病気のことや、コミュニケーション法、ペット感染症といろいろ網羅されています。

じつは、まだ読み終わっていないんですよ。ゆっくり、考えながら読もうと思うので。。。。
もし、どこかで見つけたらお勧めです。そんなに新しい本でもないんですが、全ページカラーでイラスト付きで、初心者もベテランもきっと役に立つ本だと思うのです。今は、ペットも人間も色々な出会い方あると思います。そんなときに、手助けになると思います。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 親バカへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック